雑記

あれ?!一眼レフじゃなくてコンデジで良いんじゃない?

投稿日:

一眼レフ機のNikonD5500使い始めて約2年が経過しました。

使わない土日もたまにありますが、ほとんどの土日で使用しています。
休日の僕の愛用品ということになります。

基本的に土日の休みにはどこかに出かけますので、カメラは必須となります。
カメラは必須で一眼レフにも非常に満足しているのですが、最近よくよく考えたらコンデジでも良いのではと思うようになったのです。

今回は一眼レフじゃなくてコンデジでも良いのではと思った理由についてツラツラと述べていこうと思います。

なぜ一眼レフじゃなくても良いのか

一眼レフじゃなくても良いのではと思ったのには、僕の一眼レフの使い方にありました。

はっきり言うと今の僕の使い方ではコンデジでも支障がないレベルです。

2年間がっつり一眼レフを触ってきた上の感想になります。

レンズ交換

一眼レフとコンデジの違いの1つとしてレンズ交換ができるかできないかというのがあります。

もちろん一眼レフはレンズ交換ができます。
コンデジはレンズ交換ができません。

カメラとしてとても大きなポイントになります。

要するに一眼レフの方が、レンズを揃えればいかなる撮影環境にも対応出来るということになります。
お金さえかければ一眼レフの幅は広がりますが、コンデジにはその要素はありません。

でも、僕は一眼レフにNIKKOR 16-80mmをつけっぱなしにしています。
いかなる環境でも基本このレンズで撮影します。

それくらいこのレンズに対する依存度は高いです。

参考
【レビュー】APS-Cで最高の標準ズームレンズ!AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRを使用した感想

...

続きを見る

なんにせよ、このレンズが便利な上に画質も素晴らしいという贅沢なレンズだからというのもあると思います。
カメラ本体よりも値段高いし。

と言うことで、95%の確率でこのレンズを使用しています。
どうしてもこのレンズでは対応できないという時のみ他のレンズを使用しますが、最近では望遠レンズが運動会で出番があったというくらいで、単焦点は出番がない状態です。

あとり
あれ?一眼レフのメリットでもあるレンズ交換機能が失われているような・・・

持ち運びが辛い

子供が2人に増えてから、カメラを持ち出すことに若干荷物感が出てきました。
もちろん好きで一眼レフを選んだのですが、重いデカイを感じるようになりました。

出かける度に子供を抱っこすることになるので、首からかけている一眼レフはめちゃくちゃ邪魔なのです。

毎回横にカメラをずらして子供を抱っこしています。

あとり
ポケットに入られたら・・・

なんて思うこともしばしば。

最近ではカメラリュックを持っていく余裕がないので、カメラを裸体で持っていくことが多いです。
京都に旅行に行った際もカメラリュックは持って行かず、他の荷物と同様の扱いで持って行きました。

軽さは正義。

これは間違いないのかも。

小ささは自由。

これも間違いないと思う。

消費がスマホ

写真を撮って見返すのも結局はスマホです。

等倍で見ることなんてほぼないです。

最高でもL版なので画質に関しては、それがコンデジか一眼レフかの差なんてそこまで気にならない。
というか、高級コンデジと一眼レフなら見分けるのに神経を使うレベルなので問題ないかと。

撮影した写真の多くがスマホで消費されています。
スマホサイズが一番多くの人が見るサイズでもあるんです。

ここが良ければそれで良いような気がします。

一眼レフをディスってみましたが・・・

と、一眼レフをディスってみましたが、結局僕は一眼レフを手放して高級コンデジを買うに至っていないわけです。

一眼レフで撮ることが好きなのかもしれません。
多分きっとそれが一番大きいんだなと最近はすごくよく思います。

それがなければ高級コンデジ買ったほうが幸せになれる気がします。
だって今の僕の使用にはあっていますし。

それでもコンデジのセンサーの大きさはちょっとなんて思ったりもします。
どうせ消費はスマホなんだから気持ちの問題なんでしょうが、暗いところでの撮影や解像度も一眼レフのほうが優れています。

まぁ、気持ちの問題です。

わかってはいるけれど、コンデジに飛びつかないのはそういうところもあるんだと思います。

うん、そうそう結局はコンデジが欲しいだけなのです。
ポケットに忍ばせておけるカメラが欲しいのです。

でも、もしコンデジを買ってしまったらサブとしての使用というよりはメインになってしまいそうなのでいかがなものかと思いながら購入には至っていません。

子供の抱っこがなくなる日と物欲が消える日、どちらが先に来ることやら。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-雑記

Copyright© SECONDNOTES , 2018 All Rights Reserved.