革製品

【GANZO】THIN BRIDLEのファスナー付き長財布を購入しました

更新日:

どうもお久しぶりです。

2ヶ月以上も更新を怠っていました。
特別忙しかったとかいうわけじゃないんですけどね。

そんなことは置いといて、今回の話題はGANZOの財布買ったよってこと。
うん、以上です。

特別にこれ以上の報告もないのですが、買ったばかりのレビューでもしていこうかと思います。
レビューというか感想です。

GANZOを購入した理由

30歳過ぎて、子供も二人できて僕も大人になりました。
そう思った時に僕もちゃんとした財布でも買おうかなという。

たったこれだけでGANZOの財布を購入することに。

今まで使っていた財布は、5年前くらいにBEAMSで購入した黒の長財布。
バッグに入れて使用していましたし、おそらく合成ではないであろう革でしたので、まだまだ現役で使用することは可能です。

理由はすごい曖昧ですが、30歳超えたのでちゃんとした財布がなんとなく欲しくなったというところです。

最近では、Apple Payがあるおかげで現金を使用する機会が減ると同時に、財布を鞄から取り出すということも少なくなってきたなと思いながらも。

他のブランドとの比較

もちろん他のブランドも検討しました。
初めからGANZOにしようと思っていたわけではありません。

最終的な候補としては、Whitehouse Cox、ETTINGER、GANZOの中から選びました。

グレンロイヤルは欲しい形がなかったし、ココマイスターはアフィ財布のイメージが強いし(本当に良い財布かもしれませんけど)など多くのブランドの中から上記の3つに絞ることにしました。

通販サイトでものを絞って百貨店に足を運びました。

そこで現物を見て思ったのが、 ETTINGER  長財布 は思っていたよりも横幅がでかいということ。
現物を見るまではこの財布と小銭入れを持つようにしようかなと思っていましたが、約10センチもある横幅には驚きを隠せませんでした。

あとはWhitehouse Cox、GANZOです。
現物を見た感じではもうどちらでも良いと思っていました。

まぁ、現物を見に行っただけで購入は楽天を経由しようと思っていましたので買わずに帰ってきました。

ということもあり、悩んでいたのですが、最終的な決め手はエイジング具合でした。
どちらの財布も値段の差はありませんでしたが、エイジング具合が圧倒的にGANZOの方が良かったのです。

革製品を持つ楽しさの一部にエイジングがあります。
そのエイジング具合がGANZOの方が圧倒的に良かったのです。

デザイン性のためということもあるのでしょうが、GANZOの方が一枚上手な感じがしました。
どちらもブライドルレザーなので比較は中古商品をメルカリで探すだけでした。

革製品のエイジング具合はメルカリを開けばあっという間に確認できるのでオススメです。

今回比較した財布

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)
¥45,360 (2018/12/13 10:18:14時点 Amazon調べ-詳細)

購入レビュー

少し前置きが長くなってしまいましたが、実際に楽天のAJIOKAで購入しました。
百貨店で購入しても良かったのですが、ポイントが貯まるので楽天で購入しました。

ちなみにGANZO等の革製品の偽物に出会う確率は限りなく低いそうです。
多くの人が購入するものではありませんので、偽物を作っても割に合わないとか。

AJIOKAはGANZOを作っている会社になりますので、完全に正規店です。
楽天内のAJIOKAであればポイントが付きますのでオススメです。

個人的には百貨店で現物を確認して楽天で注文がベストかなと。

実際の写真

まだ表面に白い線が大量に見えます。
ちなみにこの白い線はロウですので使用しているうちになくなります。

ブライドルレザーはロウを塗り込むことで繊維を引き締めて耐久力を高めています。

うわ、この白い模様ダセーわ。

違う違う違う!模様じゃないから!

使い込んでいくうちにこのロウがとれていくみたいですね。
そして、ツヤが出てくるという感じみたいです。

内側はヌメ革でできています。

ヌメ革?

そうヌメ革です。

丈夫だけど傷つきやすい。
そして触ったり太陽の光に触れると変色していくという、可愛いやつです。

うん、育てたい。

カードとお金を入れてみました。

キャッシュレス化を目指していますのでカードは少なめ。
キャッシュカード、クレジットカード、プリペイドカード、ポイントカードの構成です。

プリペイドカードもApple Watchに登録していますので必要ないっちゃないのですけど、念のため持ち歩いています。

というか、正直財布なしでほとんど生活できているような・・・w

こんな感じで収まっています。

ファスナー付きを購入したのですが、実際に小銭は入れていませんので使用する日が来るのかどうか。
購入の際もファスナー有が無で迷いましたが、念のためファスナー有りにしておきました。

急に財布に小銭をしまう時が来るかもしれないという不安から。

ねぇ見て見て!
GANZOのマークカッコよくない?

これが言いたいがために写真撮りましたw

まだ革が硬いためちゃんと閉まりません。
使い込んでいくうちにパタッとなるんでしょう。

革が硬いことになんとなく嬉しさを感じます。

正面から見ても同じですね。
しっかりとしまっていません。

徐々にしっくりくるようになっていけば良いなと思っています。

お手入れ方法が載った紙も付属していました。
さらに検品オッケーの印鑑まで押してある紙が入っていました。

なんとなく安心感を与えてくれますね。

革靴なら職人の汚い字でサイズ等を書いてくれていますが、財布等は見当たりませんからね。
なんとなく良い感じ。

綺麗に並べてみるとこんな感じ。
このGANZOのカードは保証証です。

購入してから1年以内であれば無料修理を受け付けてくれるようです。
楽天のAJIOKAで購入しましたので直接メーカーから購入したのと同じになりますので、購入年月日も実際に購入した日が刻まれていました。

並行輸入品だったりオークション等で新品を購入するとここら辺が変わってきますのでご注意あれ。

終わりに

まだまだロウが見えますね。

今回の記事は購入直後の写真になりますので、今後のエイジング具合も記事にしていけたらと思っています。

本当はコードバンの財布が欲しかったけど、売り切れていて入荷を待つことができなかったのでブライドルレザーにしたのは秘密です。

コードバンの財布は10年、ブライドルレザーの財布は5年保つと言われています。
コードバンは売り切れが続いており、なかなか手に入らないのが現状のようです。

コードバンはやはり憧れます。
靴もいつかはオールデンと思いながら日々を過ごしています。

では、またエイジング具合を経過報告していきたいと思います。

楽天の正規店はこちらです。


-革製品

Copyright© SECONDNOTES , 2018 All Rights Reserved.