ライフログ

iQOSからの禁煙で1ヶ月が経過!変わったことや感じたこと述べてみる

投稿日:

non-smoking-2462853_1280

タバコ(iQOS)を吸わなくなってから1ヶ月が経ちました。
そういえば1ヶ月経ったなブログでも書こうかな!と自分を讃えることを含めて記事にしようと思います。

初めの2週間くらいまでは、禁煙アプリでどれくらい節約できたのかとかを記録していましたし、それなりに吸わないということにとらわれていたんじゃないかと思います。

吸わないということにとらわれていたということは、まだタバコにとらわれていたということです。
しかし、1ヶ月くらい経つとタバコのことを考えることがかなり少なくなります。

もちろん吸いたいと思うことはありますが、1週間くらいの時比べると断然マシです。
1ヶ月を超えるとちょっとは楽になったというのが正直な感想です。

関連記事禁煙して1週間が経過したので辛さや心境について語ってみる

禁煙1ヶ月で変わったこと

landscape-1799006_1280

禁煙1ヶ月が経って変わったことがあります。
大きな変化ではないけれど、生活スタイルの中にタバコを吸うという行動がなくなりましたので、それなりに変化すると思います。

これから禁煙を考えている人はこんな感じで生活が変わっていくということを知っていただければと思います。
と、言ってもこの記事を読んでいる人は、これから禁煙をしようと思っている人か既に禁煙を始めて1ヶ月経っていない人ではないかと思います。

喫煙所を把握する思考回路の削除

休日にどこか出かける時には、必ず喫煙所を把握しておかなければなりませんでした。
高速道路のパーキングエリア、道の駅からショッピングモールに公園まで。

僕が行くところに喫煙所があるかをまず把握します。
もしなければ一番近くはどこにあるのかを把握。

もうね、この行動がかなりの時間を使っていたわけです。
案内図を探しに行くところから始まりますので、それなりの時間を使うわけなんです。

人生においてめっちゃ無駄な時間を使っていました。

タバコを数時間を無駄な時間と仮定しなくても、この喫煙所を探す行為は絶対的に無駄な時間です。

この時間があるのであれば子供と一言でも会話できたよね。

タバコを吸わなくなった僕は、この時間を取り戻しました。
どこに行っても喫煙所を探さなくて良いし、1ヶ月経つと探すという行為すら思い出さなくなりました。

金を使わない

タバコを買わないのでお金を使いません。
1ヶ月吸わないだけで、僕の場合は約15,000円の節約です。

厳密に言うと節約ではありません。
不必要なものにお金を使っていましたので、使わないことが正常なわけです。

無駄遣いがなくなったという感じなんでしょう。

タバコを吸っていたらコンビニで購入するのはタバコだけではありません。
缶コーヒーやアイスコーヒーを購入していました。

さらに職場では、タバコを吸った後にミンティアを食べていましたのでこれも余計な出費です。

合計したら月に2万円くらい使わなくなったんじゃないかなと思います。

コンビニに行かなくなったので基本的にお金を使う場面があまりありません。
でもその分Amazonでポチっちゃうのでお金は貯まりませんけどね・・・w

飲み会に行くとやたら飲むようになった

禁煙をしてから飲み会は出来るだけ避けていましたが、2回ほど参加をしました。
もうこれが結構悲惨なんです。

目の前でタバコを吸われたらもちろん吸いたくなります。
そこで我慢が発生するのですが、手持ちぶさたなんです。

手が伸びるのはお酒。

タバコを吸っていた時よりも飲むようになりましたし、ペースもかなり上がりました。
もう、かなり酔っ払います。それも悲惨なくらいに。

2回ともそうなりましたので、次回は気をつけるのは当たり前だとして、お酒を飲まない人にでも変身しようかなとも思っています。

結構飲み会が多い職場です。
頻繁に断ることはできないのである程度参加はしますが、できれば飲まないでいられるようになれればと思います。

まぁ無理でしょうけどw

喫煙所コミュニケーションがなくなった

喫煙所コミュニケーションってやっぱりあると思います。

喫煙所で知り合った他の部署の人とのつながりや上司との打ち合わせ。

僕の場合は、上司もタバコを吸っているので喫煙所で打ち合わせをすることが多かったです。
職場では言えないけど、喫煙所だと心が緩んで「さっきはこう言ったけど、実はね・・・」とか、言いづらい報告を喫煙所で「実はですね・・・」なんてことがしょっちゅうあった。

喫煙している時間も仕事ですからね。

喫煙所コミュニケーションは必要ないという人もいますけど、僕にとってこの場所は結構便利な場所だった。
上司がタバコを吸っている場合は、あったほうが仕事がうまくいく可能性が上がると思います。
そもそも話がかみ合わない人や嫌いな人の場合は逆にどうなの?って感じになると思いますので、時と場合によってはかなり良い場所になりうるということです。

集中力が上がった

集中力は格段に上がりました。
タバコ休憩を挟まなくて良くなりましたので仕事のスピードは早くなりました。
これは体感でわかるレベルです。

ブログを書くときも構成を考えて1本、書き始めて1本〜2本、多いときはもっと、書き終えて1本と結構吸ってました。
書き終えて1本は、書いた記事をスマホで読みながら吸うのでブログの確認とお疲れの1本。
僕にとってこの1本は結構捨てがたかったけど・・・。

要するにこのタバコを吸う時間が単純になくなりました。
ぶっとうしでブログを書いているので書き終えるスピードも上がりました。
結果的に良かった。

でも、最初の1週間〜2週間あたりまでは逆に集中力が切れることが多かったです。

これはタバコの禁断症状の1つでもありますが、吸いたいという気持ちが強すぎて集中できなくなるパターンです。
2週間あたりまでは集中力は一時的に落ちると思います。
タバコを吸っていた時よりも格段に落ちます。
さらに1週間くらいまでは眠気も同時に襲ってきますのでかなり辛いです。

この経験はさすがにもうしたくありません。

2週間を過ぎたあたりから集中力は上がり始めます。
何かに集中していてもタバコのことを考えることが少なくなりますので、物事に集中できるようになります。

今でもタバコのことを書いていますが、タバコを吸いたいなとは思いません。
これはちょっぴり嬉しいです。

太った→ランニング始めた

1週間でいきなり3キロ太りました。
食べる量は決して増やしていません。

多分これは飲む量が増えたからだと思います。
家でも必ず晩酌してましたし、禁煙前よりもお酒の量は増えていました。
もうどっちが健康だかわからないような状態になっていました。

さらに禁煙することで栄養の吸収が良くなるとこのことなので、いつもどおりの生活をしていたら太るということのようです。
禁煙したら太るというのは吸収が良くなり、間食や食事の量が増えることが問題です。

どっちにしろ食べ過ぎになっているのではないかと思います。

と、僕もセオリー通りに1週間で3キロという順調すぎるくらいのスタートを切ったわけです。
さすがにこのままのペースで行くとものすごいことになると思いました。

やっぱり危機を感じるわけです。

でとった行動はランニングをするということ。
もうね、思考回路が単純すぎて笑えるんですが、続いてます。

基本的に毎日走ろうスタンスですが、もちろん走れない日もありますので週に5日くらいは走ってます。
1日3〜4キロしか走っていませんのでキロにすると大したことはありませんが、続けているとは知らないと不安になってくるくらい中毒性があるようにも思えます。

体重はというと禁煙前よりも1キロ太った状態をキープしています。
食事制限もして運動もしてこれなのであまり報われていないのが現実です・・・。

腹八分目。

これ大事。

テストに出るやつ。

禁煙するともれなく食事制限もセットで付いてきます

そう太るからです。

同じ生活をしていたら太ります。
喫煙していた時は便の調子も良かったけど、禁煙すると少し出が悪くなったり。

禁煙→太る→食事制限

この流れが完成します。

食事制限を運動に変えても良いと思います。

でも健康のことを考えるようになりますし、食事制限をすると食事に関して注意が向きますのでタバコのことは考えなくなります。
意識が完全に食事に向くようになります。

健康管理は生きていく上で必ず必要なことなので、この機会に勉強しても良いのかなと思っています。

iQOSからの禁煙はかなり楽だと思う

iQOSをしばらく吸っていると普通の紙タバコを吸うことができなくなります。
吸うことができなくなるというのは語弊があるかもしれませんが、iQOSを吸っている多くの人が感じていることだと思います。

普通の紙タバコがまずい。

もうね、タールが体に悪いこと悪いこと。
これを吸った瞬間に感じることができます。

そう考えるとiQOSはタールを9割カットしているというのは信憑性があるのかもしれません。

要するにiQOSに慣れたら普通の紙タバコが吸えなくなります。
吸えなくなるというか吸いたくないが正しいのかな。だって体に悪いから(吸った瞬間に本能的に感じます)

でiQOSの味はというと美味しくはない。

でも慣れたら吸えなくはない。
普通の紙タバコは吸えないからiQOSでいいやってなる。

そう、それからの禁煙。

吸いたいと思った時に、「別にiQOS吸いたいわけじゃないし、iQOSなら吸わなくてもいっか」ってなるんですよ。
iQOSを知っている僕は普通の紙タバコという選択肢がないのです。

だから「吸わなくていっか」という選択肢になるんです。

これは禁煙してから気づいたことですが、普通の紙タバコよりもiQOSからの禁煙の方が楽な気がします。

終わりに

禁煙してどうですか?と聞かれたら良かったと答えます。
これだけは間違いないです。

無駄なお金の出費がなくなっただけでも大きなメリットです。
毎日コンビニへ行く必要もないし、iQOSの充電を気にする必要もありません。

ニコチンという悪魔から少しずつ解放されているような気がします。
多分もう吸わないんだろうなって思います。

そんなこと言いながら明日には吸っているかもしれませんけどねw

次の禁煙に関する記事は3ヶ月の時?また記事にできればと思います。

-ライフログ

Copyright© SECONDNOTES , 2017 All Rights Reserved.