交換レンズ

2番目に買うレンズはAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8GとAF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gどっちが良いのか。

投稿日:

dsc_0948

どうもこんにちは。
一眼レフを購入してまだ1ヶ月も経っていませんが、レンズが欲しい。

「レンズが欲しいんだー」

2回も言ってしまいました。

というわけでレンズが欲しいのです。

今持っているレンズは、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIです。
D5500を購入した時についてきたキットレンズなのです。

初心者の僕からしたら利便性の良いこのレンズでも申し分ないのですが、写真を撮るに連れてもっとこんな風に写真を撮りたいと思うようになってくるものです。

「も、もっとボカしてぇよ・・・」

とか

「あ、明るいレンズで室内取りしたい・・・」

だとか。

なんか色々と思うわけです。

カメラやレンズのことなんて何もわかってないくせに欲しがるのです。

そういうわけで、色々と調べてどちらが良いのか検証してみることにしました。

僕はNikonユーザーなので今回記事中に登場するレンズはNikonのものになります。

2番目に買うレンズはどれが良いのか?

photography-458050_1280

そもそも何のために交換レンズを購入するのか。
本当に必要あるのか。

一生懸命考えた結果。

「欲しいから、買おっ」

理論に基づいた完璧すぎる理由で僕は購入しようと検討しているわけです。

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8GとAF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

僕の場合は子供を撮影するために一眼レフを購入しました。
子供はまだ1歳になったばかりですので、運動会や発表会もありません。

つまり今の僕は、望遠ズームレンズはまだ必要性を感じていないのです。

できれば近くで綺麗に撮りたい。
もっと綺麗なボケを出したい。
室内でも明るく撮影したい。

という理由で単焦点レンズ

  • AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
  • AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

が候補に上がってきたのです。

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gの魅力

いろんな人がこのレンズで撮影した写真を眺めていましたが、このレンズの魅力は明るい、よくボケるということでしょう。

F/1.8なので明るいということは間違いないでしょう。
今僕が使っているキットレンズよりもグンと明るくなること間違いなしです。

どれだけ明るくなるかは、使ったことがないので全くわかりません。
でも初めて写真を撮ってみた時の楽しみはやばいんだろうと、この記事を書きながらワクワクしています。

まだ買ってないけど笑

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gの魅力

このレンズは先ほどのレンズとは違いマクロレンズです。

「めっちゃ近くも撮れるんです。」

でもね、F/2.8なんで1段強の明るさが失われます。

それでもキットレンズのF/3.5よりは明るいのです。

そんだけ?

ならAF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gで決まりじゃん。

と思いましたがなかなかうまくいかなさそうです。

結局どっちがいいの?

値段で見ると
AF-S DX Micro NIKKOR 35mm f/1.8Gが26,000円。
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gが33,000円。

価格差にして約7,000円です。
*2016年11月2日Amazon調べ

結構でかいけど、ここでは値段よりも自分にとってどちらが使い勝手が良いのかで決めていこうと思います。

子供をたくさん撮っていることには変わりありません。
スマホで撮影している時も子供の写真はたくさん撮っていました。

でも一眼レフを購入してから、スマホではなかなか撮らなかった風景・建物・花・動物なども撮影するようになったのです。
多分これは一眼レフが写真を撮るという楽しさを僕に教えてくれたんだと思います。
それか、買ったばかりだからカメラを使いたいだけかもしれませんが・・・笑

でもね、変わったよ。

色々なものを撮りたいという気持ちが僕にも湧いてきたんです。

35mmと40mmというたった5mmの差ですが、僕のカメラはASP-C機なので35mm換算すると焦点距離は、それぞれ52.5mmと60mmになるんです。

50mmの焦点距離が、目で見た感じを写すことができる焦点距離と言われています。
60mmになるとさらに画角は狭くなります。

AF-S DX Micro NIKKOR 35mm f/1.8Gなら目の前の料理を椅子に座って撮影できますが、AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gは立ち上がって一歩引かないと撮影できないとも言われています。

同じ位置に立って風景を撮影しても、AF-S DX Micro NIKKOR 35mm f/1.8Gの方が広く撮影することができるということになります。

逆にもう少し寄って撮りたい時は、AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gの方が足を動かす距離は減ります。

それにプラスして、AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gはマクロレンズなのでめっちゃ寄っても撮影出来る。
簡単に言うと昆虫などもくっきりと撮影できちゃいます。

これはAF-S DX Micro NIKKOR 35mm f/1.8Gではできません。

お互いにそれぞれ良いところがあって、正直選びきれない。
悩ましいのです。

どちらもズームが利かないので焦点距離が決まっているというのは少し不安でもありますが、欲しいという気持ちは変わりません。
僕はもうバカなのかもしれない・・・

実際に購入した人のレビューを見てみることにします。
ネットのいたるところにレビューは転がっていました。

色々なレビューのまとめ

AF-S DX Micro NIKKOR 35mm f/1.8G
  • 明るいレンズなので室内撮影には威力を発揮する
  • 夜景撮影も手持ちでもシャッタースピードが稼げるのでブレにくい
  • 開放付近の解像度があまりよろしくないので、結局絞ることになる
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
  • 開放付近の解像度もよくシャープに写る
  • 被写体に3cmくらいまで寄って撮影出来る
  • ボケも癖がなく綺麗に見える

最後にもう一度、僕は何が撮影したいのか考えてみた

nikon-698689_1280

ここまでいろいろと検討してきましたが、結局僕は何を撮るためにレンズを購入しようとしているのかを考えてみました。
そうするとやっぱり子供が1番なんです。

できるだけ多くの写真を残してあげたい。
それを見てニヤニヤするのは僕なんですが。

そうすると結局どちらのレンズでも良い気がしますが、開放でもシャープに撮れるということや解像度が良いとのことで

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gに心が傾いています。

室内でもF/2.8の明るさならば大丈夫ということで

激しく心が傾いています。

まだ購入してはいませんが、購入したら同じような悩みを持っている人のために写真をたくさん掲載したいと思います。
自己満ですけど。

そう思ったら余計にレンズが欲しくなってきました。

それではまた次回!

-交換レンズ

Copyright© SECONDNOTES , 2017 All Rights Reserved.