撮影記録

休日に福岡アンパンマンミュージアムに行ってきた感想を述べようと思う

投稿日:

DSC_0201 1

土曜日の休みに子供を連れて福岡のアンパンマンミュージアムに行ってきました。
休みの日プラスアンパンマンという最強コンボなので人がわんさかいるだろうと思って行ったのですが、早い時間帯に行くと意外と混んでいませんでした。

アンパンマンミュージアムに行くなら早い時間帯がオススメです。

10時オープンの10時15分くらいに駐車場に着きました。
これでも人が並んでいましたので、実際に来場できたのは10時45分までだったと思います。

会場は博多リバレインモール 5・6Fになりますが、駐車場はリバレインモールの地下にもありますし、近隣にもありますので近くまで行けば困ることはないと思います。

入場するためのチケット料金が1人1,500円します。
子供も1歳を超えると同じく1,500円かかりますので、親子3人でも4,500円かかります。

僕の場合は家族3人で行きましたので4,500円かかりました。

あとり
クッソ高い・・・

アンパンマンミュージアムの概要

DSC_0017 1

アンパンマンミュージアムではイベントステージショーがあります。
月によって時間帯が変化してるようですのでチェックしてから来場することをお勧めします。

アンパンマンミュージアムイベント情報

上の写真はイベント開始15分前の状態です。
もうすでにイベントを近くで見ようと集まっている人がたくさんいます。

逆に土曜日のイベント開始15分前でこれくらいの人数なので、平日に行くとさらに人が少ないのかなと思います。

やっぱり行くなら平日がオススメです。

DSC_0122 1

望遠レンズを装備していなかったのでここまでしか寄れませんでしたが、イベント時の様子です。
アンパンマンとカレーパンマンとメロンパンナちゃんしか出演していませんでした。
誰が出るかは運なのでしょうか?よくわかりません。

DSC_0129 1

カレーパンマンです。
実際に子供たちに近づいてサービスを振舞ってくれますので、しっかりとイベントを堪能したいのであれば、イベント開始前から場所取りをする必要があります。

しかし、子供が喜ぶ可能性は非常に高いと思います。

DSC_0078 1

イベント時以外は建物の中をぐるぐると徘徊します。
いろんなところに子供を楽しませてくれるものが設備されています。

実際にアンパンマン号にも乗ることができます。

DSC_0120 1

バイキンマンのUSOだったり。
イベント中だったので人が全くいませんでした。

イベント時はみんなイベントに集中していますので、いろんな設備で遊び放題でした。

DSC_0107 1

小学校でのミミ先生の授業。
黒板にはアンパンマンとバイキンマンとホラーマンが。

DSC_0086 1

小さな子供を遊ばせることができるスペースもあり、歩けるようになってからしか来ることができないというわけでもなさそうです。

ここで遊ばせることだけのためにわざわざ来る人は少ないと思いますが、意外に遊んでいる子供がいました。
下の子をここで遊ばせておいて、上の子がミュージアムの中を見て回るというような感じなんですかね。

DSC_0157 1

ちょっとしたゲームセンターみたいなものです。
チケットを購入してそれぞれのコーナーで遊ぶといってような感じです。

DSC_0195 1

イベント会場の横には子供を遊ばせる空間が他にもあります。
こちらには空気の入ったボールがたくさんあって投げたり転がしたりしながら遊べる空間になっています。

うちの子は5分もここで遊びませんでした・・・w

DSC_0069 1

たまにキャラクターの着ぐるみが現れます。
突然現れますので、結構びっくりします。

発見するのが遅くなればたくさんの子供が群がっているため、並んで握手等をしてもらう感じです。

今回僕が出会ったのは、ドキンちゃん、レアチーズちゃん、チーズの3キャラクター。
アンパンマンとかも出現するみたいですが、これは完全に運なんですかね。

実際にジャムおじさんのパンが売ってある

ミュージアムの中にはご飯を食べるところ、写真を撮ってもらうところ、ゲームコーナー、お土産コーナー、そしてジャムおじさんが作ったとされるパンが売っています。

DSC_0198 1

DSC_0155 1

DSC_0167 1

DSC_0199 1

これは一部でしかありませんが、こんな感じでいろんなお店があります。

その中でも、やはりジャムおじさんのパン工場が一番きになるところです。
アンパンマンというだけあってパンにはこだわっているはず。

ここでうまくなかったらパンを語ってはいけないはずだ。
そして、パンにはこだわりがあるはずだ。

という勝手な思い込みからめっちゃテンションが上がってしまいました。

DSC_0202 1

うわーめっちゃ種類ありますやんー。
全部300円オーバーですけど・・・。

まぁ、せっかくなんでパンを購入することにしました。

DSC_0204 1

どれにしようかなと迷いましたが、子供が誕生月ということもあるので、福岡限定のアニバーサリーボックスを購入しました。

なんと、パンは6個入りで税込1,750円。

1個換算約300円弱・・・。

どこの高級パンだよ!!

さぞかし美味いんだろうね、ジャムおじさん。

DSC_0208 1

ということでこれがアニバーサリーボックスだ!

オープンッ!!

DSC_0215 1

これぞ、アンパンマン一族だ。

なんか食べちゃいけない気がしますよ。

DSC_0220 1

早速子供にあげてみた。

そして一口もらった。

カレーパンマンなのでカレーパンということは予想がつきます。

うん、カレーパンでした。

味は・・・

 

 

クッソ普通。

 

 

ジャムめ・・・

 

子供が喜んでいたのでよしとしよう。

それにしても値段だけは納得がいかんよ、ジャム。

終わりに

アンパンマンミュージアムに行っただけなのに結構金つかったわー。というのが一番の思い出。
実際の滞在時間は2時間くらいでした。

駐車場まで入れると7,000円ほど出費した計算になります。

入場料もパンもちょっと高いよね・・・。
でも、年間パスポートがあるとかないとか。

子供がとても喜んでいたので、また来ようとは思います。
次行くときは平日に行ければ良いかなーと。

休日でも早い時間帯で行くとそこまで混んでいないので、子供を楽しませるにはオススメなスポットであることには変わりがありません。

それにしてもアンパンマンが人気すぎてびっくりしますね。
自分の子供だけではないと思っていましたが、多くの子供がアンパンマンに熱狂的になっているのを肌で感じることができます。

恐るべしアンパンマン。

そして、ジャムおじさん・・・

-撮影記録

Copyright© SECONDNOTES , 2017 All Rights Reserved.