撮影記録

【熊本県小国町】CMのロケ地にもなった鍋ヶ滝で撮影してきました

投稿日:

DSC_0757-2

綺麗な滝を撮りたいという気持ちは一眼レフユーザーなら一度は思ったことがあるのではないでしょうか。
そんな僕も流れるような滝を写真に収めたいという気持ちが抑えきれない一人ですw

一眼レフを購入して間もなくして滝を撮影してみましたが、知識もなくただ撮りに行くと思ったように撮れなくて残念な気分になります。

関連記事 【三脚・NDフィルターなし】手持ちで滝撮影!流れる水をなめらかに撮ることはできるのか?

前回の失敗の反省も踏まえながら鍋ヶ滝を撮影してきました。

「お〜いお茶」「生茶」のCMになっていたということもあり、今となっては定番の観光スポットとなっています。
冬の土日だったのですが、人は結構多かったです。
カメラを持って三脚を立てている人もちらほらいました。

僕は15時くらいに訪れましたが50人くらいは滝を見ていたのではないかと思います。
滝は一つしかありませんので入れ替わりも早いんですけどね。

鍋ヶ滝の撮影

鍋ヶ滝を撮影するにあたってしっかりと滝を収めることができるように装備品も持って行きました。
実は旅行のついでにたまたま寄ることができたので、本来訪れるつもりはありませんでしたが、カメラバックに入れておいたNDフィルターと車に置きっぱなしの三脚が非常に役に立ちました。

ということで今回は手持ち撮影は一度もしていません。
全て三脚を使って撮影しました。

装備品

まず、今回の撮影に使った装備品をご紹介します。

装備品と言っても大したことはないんですが・・・w

装備品

  • カメラ:Nikon D5500
  • レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II(キットレンズ)
  • NDフィルター:Kenko  プロND16
  • 三脚:ビデオカメラ用のすごく安いやつ

というわけで、こんな感じの装備品です。

正直NDフィルターと三脚がないと流れるような滝を撮影することができません。
僕は前回、滝撮影に失敗してからNDフィルターを購入しました。
本格的に使用するのは今回が初めてでした。

撮影してみた

DSC_0741

真正面から撮影するとこんな感じです。

時間帯があまりよろしくなく、サイドから太陽の光がガンガンに入るため、ゴーストやフレアが結構ひどい写真を量産してしました。

DSC_0722

撮影する前は、太陽光があっていい感じになるのかと思いきや強すぎる太陽光に完全にやられてしまいました。
それにしてもこのフレア、ゴーストは酷い。

Lightroomのかすみ除去を最大限に活用してこのレベルです。
現像する前は白飛びしまくってましたw

場所を移しつつ撮影を開始することにしました。
人が結構多くて、みんな写真を撮っていますのでなかなか同じ場所でずっと構えておくということがしにくい状況なのが残念です。

DSC_0748

こちらもフレア、ゴーズトが効いています。
場所は岩を登ってからの撮影です。

目の前に木がなければというところですが、岩を登ると人はいないのでストレスにはなりません。

DSC_0750

こちらはサイドです。

なんかサイドからだとあまりかっこよくないですね。
もう少し斜めから撮影すれば良かった。

DSC_0752

こちらは滝の裏側です。
滝の裏に回れるというのが鍋ヶ滝の見所の一つです。

滝からは離れていますが、水がすごい飛んでくるのでカメラとレンズが濡れることが非常に心配でした。
結構な水分を浴びることになりますので、この場所に長居することが危険と感じ場所を移します。

DSC_0755

シャッタースピード1/125秒です。

それなりに水が止まって見えます。
多分スマホで撮影したらこんな感じの写真になります。

DSC_0756

同じ構図でシャッタースピードは3秒です。

とても良い感じです。
スマホじゃ撮れない写真を撮ることができるのも一眼レフの醍醐味です。

DSC_0759

滝の反対側です。

誰も人はいませんし、なんかもののけ姫の雰囲気があって好きでした。
この空間の方が癒し度は高いのかもしれません。

DSC_0764

こちらは帰り道です。

この階段を登ります。

DSC_0763

見上げて撮影。

広角最大で撮影していますが、入りきれていません。
超広角レンズが欲しい・・・。

今回のベストショットと感想

DSC_0757-2

こちらが今回のベストショットです。

滝を撮影するのって楽しいですね。
滞在時間は1時間くらいでしたが、十分楽しめました。

人が多くてあまり余裕がなかったので場所を変えて急いで撮影という流れでした。

今度行くときはゆっくり構図を考えながら撮影してみたいです。

それにしてもNDフィルターと三脚があると撮影の幅がかなり広がりますね。
正直今の所NDフィルターの使い道が滝しかありません。
というかそれ以外に思い浮かびません・・・w
誰か教えてください。

もっと頑丈で利便性の高い三脚が欲しくなったり、広角レンズが欲しくなったりと撮影するたびに欲求が出てきますw
機材が欲しいのか、撮影がしたいのか・・・。

-撮影記録
-

Copyright© SECONDNOTES , 2017 All Rights Reserved.